見どころ-立地

オレンジ通りの位置

仲見世から六区までの一帯では、仲見世・浅草中央通り・オレンジ通り・六区ブロードウェイ/すしや通りが縦に並び、なかでもオレンジ通りは丁度半分のあたりを通っていて、名前は知らなくても浅草に訪れれば必ずといっていいほど通る場所にあります。

伝法院通り-つくばEX方面から

浅草寺から伝法院通り(国際通り側)を進むと、ほどなく右手に伝法院の通用門、左手に浅草公会堂が現れます。つくばエクスプレスの浅草駅からは、伝法院通りの入り口から見える浅草公会堂が目印。

浅草公会堂の正面、スターの広場に着くと、そこがオレンジ通りです。

雷門通りから

雷門通りからは、長年オレンジ通りの顔として親しまれる老舗の菊季刃物やま吉が目印。

浅草寺の本坊「伝法院」は、かつて上野の宮様が御殿として住まわれたこともある名刹。小堀遠州作と伝わる庭園は国の名勝指定となっています。

仲見世通りは浅草寺にお参りする人々の参道となっており、本堂とつながっていますが、一方オレンジ通りは車が通れ、かつて要人や大使などが浅草寺を訪れる際に使用したともいわれる(オレンジ通り会員談)歴史ある通りです。

その景観や広々とした道幅、また老舗も多いことから人力車の定番コースにもなっています。