見どころ-食

「老舗」「職人」にも通じるオレンジ通りの「食」は、ひと味違います。

まず、さつまいもの芋ようかんは明治35年創業の「舟和」がこの地で考案したもの。(創業者の小林和助氏は、大正にできた区役所通り(オレンジ通りの前身)の初代会長)

さつまいもつながりでは、舟和の斜向かいにオレンジ通り店を構える「おいもやさん興伸」。こちらは齊藤興平会長が「日本・大学芋愛協会」のインタビューに採り上げられる大学芋の名店。

また、その隣りにはさつまいも餡をベースにしたきんつば「芋きん」を全国的に知られる浅草名物にした「満願堂」が。こちらは本店を吾妻橋からオレンジ通りに移して営業しており、この一角は差し詰め「さつまいもスイーツのゴールデントライアングル」とでもいえそうな顔ぶれとなっています。

また、浅草の老舗を語るのに外せない、天ぷらの「中清」は明治3年の創業で、古くから浅草に訪れる多くの要人や著名人をもてなしてきた名店中の名店。

アンヂェラス

喫茶店では、手塚治虫や山下清といった著名人が通ったことでメディアでも採り上げられることの多い「アンヂェラス」は、浅草観光の中でも押さえておきたい名所のひとつ。

一方、数件挟んで並ぶ「モンブラン」は、その飾らぬ味わいが地元人や浅草を歩き慣れた「浅草通」の憩いの場として根強い人気を保っています。

モンブラン

埼玉方面をルーツとする関東うどんの「手打ちうどん家康」は、本店を入谷(金美館通り。入谷店はアトリエ店舗として登録されている)に持つ本格手打ちうどんのお店。

小腹が減ったら「かっぱ村」のかっぱ肉まんなどを子供と一緒にほおばるのもまた楽しいでしょう。

イートインはなく持ち帰り専門のお店としては、明治創業の「梅の名門 梅林堂」(梅干しなどの梅製品)や、昭和22年創業の「浅くさ中村屋」(おかき・煎餅)といった老舗もオレンジ通りに軒を連ねています。