見どころ-職人・手仕事

オレンジ通りのマスコット、ゆるキャラのオレンテくんは手の形をしています。

これは職人の店が多いことを表現したもので、こうした手仕事の品々を実際に見て楽しめるのもオレンジ通りの魅力のひとつ。

着物がお好きなら、「三善呉服店」「たんす屋」「はんなり」「今昔きもの 龍己」「きものかれん」といった、浅草らしい和装のお店も充実。

手軽に和のテイストを楽しめるバッグや小物、アクセサリー類では、江戸時代からの技術を受け継ぐ伝統工芸士や著名な彫刻家による銀製品が並ぶ「もり銀」、鹿革に漆で模様を描く伝統工芸「印傳(いんでん)」製品を意欲的に創作する「前川印傳」といった技術伝承のお店も見どころ。

また、粋で合理的な江戸庶民の必須アイテムだった手ぬぐいをクローズアップした「かまわぬ」や、和の小物を中心とした作家の主に一点ものの作品を並べている(現代風にいえばセレクトショップ)「外源堂」なども軒を連ねます。

べっ甲細工(べっ甲イソガイ)

なお、台東区では作業風景の見学やもの作りが体験できるお店を「アトリエ店舗」という形で紹介しており、オレンジ通りでは江戸時代からの技を継承する「ベッ甲イソガイ」、明治の創業から受け継がれる木目込み細工を体験できる「箱長」、がエントリー。

※見学や体験については個別にお問い合わせください。 台東区「アトリエ店舗について」 箱長「木目込み教室

また、秋田に縫製工場を持つ「yutorito」も唯一の直営店を手仕事が息づくオレンジ通りに出店するなど、技やこだわりをもったお店が集まっています。